前を見て振り返りて後ろ見て首の運動たまのカタコー

(昨日の続き)
食品スーパーの「土日は資源の日」に資源回収車が2台揃う時があります。
回収時間が17時までですから16時30分頃に揃います。
アルミ缶とペットボトル用と段ボール紙用の2台です。
この時は距離が20メートルと広くなりますから警備員2人によるカタコー(片側交互通行)となります。


道路工事などで毎日するような慣れた交通誘導員ではありません。
素人のカタコーです。


自分の方に車が来ましたら「来ました」とか「行きます」と無線を入れます。
私は「白ワゴンと黒の軽、2台続けて行きます」と色と台数を言います。
相手側の通行は止めてもらいます。
「了解」の無線を聞いて「通行して下さい」と手で合図を送ります。
通行量も少なくお互いに目視もできますのでそんな気をつかうわけでもないです。
「2台行きます」と台数しか言わない人もいます。


2人カタコーはこの現場だけです。
いつもの駐車場警備員ではないので交通警備員のような新鮮な気分になります。


前を見て振り返りて後ろ見て首の運動たまのカタコー


左奥(ペット・缶)と手前(段ボール紙類)の2台

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。