残念な警備員は勘違い 自分は偉いとなぜか思う人

土日祝のパート駐車場警備員です。
最近「残念な人」って言う表現をよく聞きます。私も「残念な警備員」がいると思っています。
ではそもそも「残念な人」ってどのような人でしょうか


とにかく何か一生懸命していますが何かと的外れで空回りしている人でしょうか。
自分本位ではあるがそんな努力が認められないと腐るような人が残念な人と思います。


シニア警備員で残念な人は割と早く辞める傾向があります。
数カ月で「警備員に向いていません」と言って辞めます。


実はもっと重大な残念な問題があります。
シニアで残念な人ではあるが勘違いした人は長く務めて嫌がられる傾向があります。
「俺は仕事ができる。会社から大事にされている」という勘違いです。新人に対して自信を持ってこだわりの指導をして嫌われます。
私も新人のお世話をする時嫌がられているかもしれません。自戒して接したいです。



残念な警備員は勘違い 自分は偉いとなぜか思う人

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。