(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

炎昼のドライブスルーで警備する(2)

7月3連休の初日の土曜日です。
食品スーパーの敷地内にある某飲食店のドライブスルー警備でした。
9時に車に乗り込む直前に携帯に会社から電話が入りました。用件は分かります。
「まだ来ていないとMA店のOIさんから連絡がありました」
分かっていても『せからしいなあ』。イラッとします。
「今から自宅を出るところです。9時30分からでしょ? すでに30分遅刻ですか。30分でも1時間でも時給を引いて下さい。なんなら欠勤で構いません」
やる気のないところに追い討ちをかけられました。


勤務前日の金曜日に会社から勤務指示がありました。
「明日はMA店です。9時30分から19時です。手順などOIさんに全部話していますので心配ありません。場所はわかりますか」
OIさんって誰なのか。全部話しているってなんだろう。なんだかやけに長い気がする。
と思いながら、
「警備で1度入ったことがあります」
と答えました。
去年の大晦日に5時間勤務でした。自宅から4キロで10分程度と割りと近いです。
「ではよろしく」
電話が切れてから何か釈然としません。何なのか考えました。
私には何も話さないということはどういうことなのかわかりません。


『2人警備で相方のOIさんは普段はスーパーで施設警備していています。交通誘導に慣れていません。ただしMA店には何度も入っていて慣れています』
このくらいは伝えて欲しいものです。
それもないということは期待していないということでしょう。
単なる員数合わせ。モチベーションも下がります。
それと時間が長いこと。前回は5時間でした。今度は10時間に近いです。
こちらから会社に確認しましたが聞き間違いではありませんでした。


ドライブスルーの通路(白矢印)と場内に入場する通路(黄矢印)が交差します。