警備員風邪ひいても休めない

駐車場警備員の態度が悪いとお客様からお店に苦情が入りました。
「警備員がお店の壁にもたれて仕事していません」
当人に事実かどうか確かめると「確かに壁にもたれて休んでいました」と答えたそうです。
風邪をひき立っておれなかったそうです。彼は出禁いわゆる出入禁止になりました。


別の現場で風邪ひきの隊員が来ました。
仕事の当日に「風邪で熱が出たので休みたい」と会社に言いましたが代わりがいませんでした。
「何とか出勤して」とお客様の少ないホームセンターに配置替えされてやって来ました。


4人体制の駐車場警備でした。
かわいそうにふらふらになっていました。隊長は憮然としていました。
「お客さんのいない駐車場の隅に立っていたらいいよ」
と勝手に指示しました。
無事に一日終り出禁にならずにすみました。

スーパーでカート転倒ビンが割れ帰宅してからクレーム電話

店舗前で駐車場警備をしているときに店長さんがそばに来られました。
「お客様から駐車場でビンが割れたから弁償してほしいと言われましたが何か知っていますか」
「電話があったのですか? それなら先ほどこんなことが・・・」
と説明しました。


お買い物を終えてカートに品物を乗せてご自分の車まで移動中に事故が起こりました。
駐車場の中央付近に少しくぼんだ排水溝がありました。
鉄製の格子ふたがあるのですがそこにカートのタイヤが入り転倒したようです。
お米などの重量物がありバランスが悪かったこともあります。
あわてて起こした時にまたカートが転倒しました。その時にポン酢のビンが割れました。
すぐに駆け寄りました。
私がカートを起こしながら「お店に事情をお話しになりますか?」と聞きました。
つまり駐車場にくぼみがあったからカートが傾いて転倒したのだからお店に責任があるかもしれないと考えたからです。
ポン酢くらいは弁償していただけると思いました。でも余計なことは申し上げませんでした。
年配のご婦人は「いいです。私が悪いのですから」と割れたビンとカートを私に片づけるよう命じてお帰りになりました。
自宅に戻り30分ほどたってからお店に電話されました。
今回のような苦情はすぐに言われたほうがよろしいようです。
駐車場のくぼみも滑らかになるように補修されたかもしれません。

警備士と清掃員の会話みてクレームと言ふお客様

ショッピングモールなどでは警備員が大勢います。
大別しまして施設警備と雑踏警備です。
施設内の警備は施設警備と呼ばれています。駐車場で交通誘導をする私たちは雑踏警備です。たいてい別の警備会社です。


「店舗の出入り口横で警備員と清掃員がおしゃべりして横断歩道の交通誘導をしなかった」
とお店に苦情が入りました。
我々駐車場警備員はその場所に誰もいないことがわかっていました。
たぶん他社の施設警備員です。施設警備員は若い方が多いです。
それに我々駐車場警備員は清掃員の方と会話する必要がありません。そもそもオッサンばかりで相手にされません。
施設警備員と駐車場警備員は警備会社が違いますので制服の色やデザインが違っています。
お客様には区別がつかないようです。
警備員と清掃員が店舗前で何の話かわかりませんが、さぼっているとおもわれるような態度やしぐさがあったものと思われます。