秋深しあおり運転スーパーでもや

「あおり運転」が社会問題になっています。
前方を走行する車に対して、進路を譲るよう強要する行為といわれています。
実は駐車場警備をしていまして「あおり運転」をよく目撃します。


スーパーなどの駐車場では車がすれ違うことができる程度の広さの通路が多いです。
先行する車が開き枠を見つけて駐車しようとします。後続車は一時的に停車することになります。
ハザードランプを点けて「駐車する」という合図します。そして道路をふさぐ形に移動します。
その時に後続車が接近してクラックションを長く鳴らす人がいます。
クラックションは危険な場合だけに鳴らすことができます。この場合はあきらかに「どけ」という威嚇であり道交法違反です。
しかも駐車場は駐車をする場所です。直進車より駐車する車に優先権があります。
お客様同士でトラブルになったらいつでもその原則で対処しようと心掛けています。



秋深しあおり運転スーパーでもや

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。