警笛に驚く秋の駐車場

駐車場内では車道と歩道の区別が無い通路が多いです。
車の通る道をカートを押して歩行者も通行します。
そんな歩行者に対しクラックションを鳴らす人がいます。
危険と思ったら徐行するか停車すべきです。


交通誘導をしている警備員に対しても「どけ」と言わんばかりに警笛を鳴らす人がいます。
わざと通路上に立って通行制限をしているような時です。
直近でクラックションを鳴らされますと大きな音ですからびっくりします。しかも道交法違反です。
お急ぎなら窓から顔をだして「早く通してよ」と言っていただきたいです。



警笛に驚く秋の駐車場

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。