同室で相憐れむ胃ガンかな

術後8日です。
4人病室も患者の入れ替えがあってます。
一昨日から胆のうガン、食道ガン、私の胃ガンの3人に待望の胃ガンが入って来ました。
同病相憐れみたいものです。肩を叩きあって同情しあいたいものです。
ベッドで主治医らしき人とお話しされている声が漏れ聞こえてきます。
まずは抗がん剤治療で様子を見て手術はしない方向のようです。


Γ胃ガンですか。私もです」
Γ再発です。65歳の時半分に切って退院後は毎月血液検査に5年通いました」
Γ早期発見でよかったですね。薬で治ればいいですね」
Γ新薬がでているそうです」
Γそう、ソックス法です。私の胃の中の潰瘍が消えました。何回しますか?」
Γワンクール1週間で3週間で抗がん剤治療が終ります」
Γ2回から外来で日帰りで済みますね」
私も抗がん剤点滴注入の1回目は1泊2日の入院をしました。あと2回は日帰り通院です。
Γ入院保険金を貰うために絶対退院しません。最低2週間は入院させて欲しいと頼んでいます」
一人暮らしで帰っても寒いし自炊や生活が大変なようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。