(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

また思う最後の一葉黄落期

術後10日目。

医師から今週はいつ退院してもよろしいと言われました。

保険給付金の都合で水曜日にしました。

7階の病室から黄葉が見えます。

蔦(つた)の葉はもう落ちています。

蔦を目にしますとオー・ヘンリーのΓ最後の一葉」をいつも思い出します。


窓の外に見える煉瓦の壁を這う蔦の葉を数えΓあの葉がすべて落ちたら私も死ぬ」と病気の少女。それを聞いた老画家のベアマンが嵐の中に葉の絵を描きました。



また思う最後の一葉黄落期