冬晴れや癌癒え今日は退院す

入院して2週間で退院できました。

胃の下部3分の1を切りました。手術前の不安は一切ありませんでした。主治医と現代医学を信用していました。

2週間ばかり出張に出掛けるような感じでした。


昨年の夏から肩や肘、手首など関節が痛くなってきました。

テニスのせいかと思い、半年ほど痛み止で対処しましたが肩などに激痛が毎晩起こるようになりました。

今年の2月にリューマチを疑い、いろいろな検査をしました。全身のCT撮影もその一つです。

結果はリューマチではなく膠原(こうげん)病でした。自分の免疫が関節を攻撃します。免疫低下剤で痛みの症状が改善しました。

そのCT映像を8月になり内科の先生がご覧になり胃に異常があると言われました。

胃カメラ、胃透視、血液検査などで胃ガンが判明しました。免疫低下剤が皮肉なことにガンを育成したと考えられています。

9月から10月まで抗がん剤治療を行いました。副作用を覚悟しましたが影響ありませんでした。抗がん剤は私にはよく効きました。胃の中の二つの腫瘍が消えて腫瘍マーカーも正常値に改善しました。ただ胃の外のリンパ節にガン細胞が成長してまして手術で削除することになりました。

11月10日に手術をし、その後の事は闘病日記として公開してきました。

ようやく一仕事終えたような気分です。


(補足)

入院中はスマホで記事更新してきましたが容量を超えネットを開きにくくなっています。

励ましのコメントをたくさん頂いています。

帰宅後にパソコンからご返事いたします。

どうもありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。