冬の朝眠いかシニア警備員

師走に入ったせいか片側交互通行が多くなったように感じます。
あちこちで道路工事や街路樹の剪定などがあり交通誘導の警備員が立っています。
片側交通の交通誘導は大変ですから指示に従っています。


それに比べ土木工事をしている門前の警備員は比較的楽そうです。
ダンプの出入りの時に歩行者がいればダンプを停止して歩行者を優先にします。
どこも新人に近いシニア警備員が任命されているように感じます。
というのも歩行者やダンプが接近してきても明確な合図が出せない人が多いです。
歩行者にも挨拶しませんし慣れていないなと感じます。けっして眠いわけでもなさそうです。
そのうち慣れてきますが先輩の横柄な態度は真似しないでいただきたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。