(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

大声で締切案内白い手袋

年末のA競艇場ではG1レースの「賞金女王決定戦」がありました。
賞金上位の女性レーサーが一堂に集まってナンバー1を決めます。
日曜日に優勝戦がありました。
私は珍しく場内勤務となりました。


朝の詰所で配置を決めるときに先輩のFJさんが私を一番混雑する売り場を推薦しました。
班長のDEさんは「大丈夫かね?」と聞き返しました。
FJさんは「大丈夫というより彼がいいです」と請け負ってくれました。
DEさんの評価がその程度のものと分かっていました。


女性レーサーは人気があります。
優勝戦でもあって普段の倍以上のお客様が入場されました。
その割に舟券自動発売機の前はまだまばらな人数です。
私は勝手に大声で広報を始めました。
「今日はお客様が大変多いです。お早めに舟券をお買い下さい。締め切り5分前です」
白い手袋の手を振って発売機の方へ行かれるように案内しました。


A競艇場では広報は「うるさい」という苦情があるので禁止されていました。
とはいえ普段と違うお客様の数を考えますと買い漏れが大勢出ると予想しました。
(つづく)