逆走の自転車にも注意せず私有地のスーパー駐車場

土日のパート駐車場警備員です。
歩行者の安全誘導を行っていて驚くことは自転車です。
交差点などでは前後左右を見ています。
それでも歩行者や車に気を取られますといつの間にか現れて通過します。


逆走したり横断歩道前でも徐行せずに歩行者や車をジグザグにかわして走り去ります。
自転車は軽車両ですから車道の左側を走っていただきたいものです。
マナーや規則を守っていただけますと事故が激減すると思います。
とはいえスーパーの駐車場は私有地ですから警備員は何も言えず見守るだけです。



逆走の自転車にも注意せず私有地のスーパー駐車場

工事中仮設信号の片交は交通量少ない道路

土日のパート駐車場警備員です。
運転中に交通誘導がありました。交通量の少ない道路です。
といっても仮設信号機による片側交通でした。
右曲がりで向こう側が見えません。
交通誘導の警備員がいませんでした。
ちょっと残念な気がしました。


(停止中に撮影)


工事中仮設信号の片交は交通量少ない道路


片交で止められ先を急ぐ人警備員に文句を言うなり

土日のパート駐車場警備員です。
警備員になって丸4年になりました。こんなに長く続くとは思いませんでした。
平日は普通に活動をしています。
自動車の運転をしていて片側交通規制(通称片交)がありますと、じっくり見るようになりました。
以前、道路工事の片交現場に行き当たりますと、
「なんでこんなところで道路工事やっているの。帰りは別の道を通ろう」
と言っていました。
「まだか。早く通せよ」という人に同意してました。


今は交通誘導をする警備員の様子を眺めています。
「行け」や「止まれ」などの手信号の動作や紅白の旗の振り方などが駐車場警備の参考にならないか目を凝らしています。
きちんとメリハリのある動作をする人やだらしのない人もいます。
一日分の仕事量をこなせば早く終わるという仕事ではないのでお互い大変ですねと見ています。



片交で止められ先を急ぐ人警備員に文句を言うなり