(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

警備員ダブルワークの花形か

競艇場の警備中に携帯メールをしたFGさんはダブルワークでした。
彼は、「本業がある。警備員はアルバイトだからいつ辞めてもいい」
と公言して出勤日数が少なかったと思います。
そのような言動が同僚警備員から嫌われたようです。


私も隠れダブルワークでしたがその当時は最低でした。
高卒後に技術の会社に20年勤続しました。38歳で独立開業して20年経過した頃は不況でした。
その当時、2012年は景気の谷と言われて日本中が不況にあえいでいました。
仕事がないので税務署で休業の手続きをしまして自営になりました。
それでも小さな仕事しかありませんから59歳でフルタイムの警備員になりました。


警備員は資格も経験も不要ですし高齢者でも働けます。
能力や経験実績および資格が要求されるエンジニアの仕事と違って代わりがいくらでもいる世界です。
競艇場のような規模の大きな組織になりますと休みも自由に取れます。
ただし能力があろうがなかろうが正当に評価されません。
とはいえダブルワークにとって、とてもいい環境でした。
(つづく)


目立つかなスマホいじりの警備員

競艇場の警備は1時間立哨したら30分の休憩です。
場内は空調完備で年中快適です。


1年先輩のFGさんが立哨中にスマホいじりをしたことが問題になりました。
立哨中というのは勤務中のことですから当然業務効率は低下します。
私もスマホを持っていましたがマナーモードにして勤務中には見ていません。
しばらく待てば休憩時間になります。
休憩所で確認して電話やメールの返信をすることができます。


FGさんはどんな様子だったのかはわかりません。
携帯メールの返信をしていたと聞きました。数分程度の時間と思います。
移動して階段や壁際に行ったのだと思いますが警備員は目立ちます。
お客様からのご意見ではなく警備員仲間の指摘だろうと思いました。
(つづく)


間違えたその方が当る競艇場

全体朝礼の後に班の朝礼があります。
たいした連絡事項などありません。しいて言えば他場の発売レース場の確認をします。


全国に24の競艇場があります。
A競艇場で行うレースは本場(ほんじょう)開催と言います。
そのほかに他場(たじょう)の競艇場レースの発売があります。
他場販売がどこだと班長から確認があります。


実際に競艇場に来られたお客様から聞かれることがあります。
「他場販売はどこだっけ?」
「多摩川です」
「そっか、多摩川と間違えてAに印をつけて買ったら万舟が当たったよ」
「あはは、おめでとうございます」


つまり他場とA競艇の本場を間違えたことで万舟(まんしゅう)、つまり100倍以上の配当を受けたということです。
100円が1万円になったということですが的中はなかなか難しいです。
ただし競艇場を間違えた方が万舟券に当りやすいのではないかと思っています。