(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

競艇場警備員はギャンブルができなくなってショック

元船長のエロガッパは大手水産会社を定年してからは毎日がバラ色でした。
街中の住居を売って広大な敷地のある農家を購入しました。
そこがA競艇場の近くだったことも気に入ったようです。


野菜や生花を農家並に作っていました。
それを奥様が近所のスーパーに卸していました。
わずかにしかならないと売上額は教えませんでした。


晴耕雨読ではなく晴耕雨博打で雨が降ると競艇か競馬でした。
近所のA競艇場にもよく通いました。
1年以上も毎月30万円負け続けたためとうとう奥様が怒りました。
ハローワークに出かけ65歳になる夫に代わって再就職を探しました。
シニアでもできる運転手、清掃員、警備員など求人情報を持ち帰り選ばせました。
エロガッパは競艇場警備員を選んで内心で喜んでいました。


「これからは警備員として働いて得た収入を小遣いにして下さい」
「ふん、わかったよ」


いざ入社しますと「舟券を買ってはいけない」と言われがっかりしました。
さらに県内にある3カ所の競艇場と競輪場も同じ会社が警備をしていました。
当然そこに出入するのもだめと聞いてショックを受けました。
(つづく)

エロガッパと呼ばれたスケベな警備員

元船長のNMさんはエロガッパとかエロタコとあだ名がつきました。
入社して2カ月足らずで競艇場で働く女性清掃員全員のお尻を触ったと豪語していました。
女性は5、6人ぐらいいました。完全制覇と喜んでいました。


競艇場の警備員になってからはまさに「陸に上がった河童(おかにあがったかっぱ)」でした。
御周知の通り、環境が変わったため、得意とする能力を十分に発揮できず、思うようにならないことのたとえです。 
とはいえ警備員の仕事をなめていたと思います。


ボートレ―スが始まるとレースファンの方々は当然レースをご覧になります。
警備員はその間に記載台と言われるテーブルの整理を行います。
エロガッパは足を止め一緒にレースを眺めます。
舟券は買えませんが自分でレースの予想をして結果を確かめていたようです。


班長やベテラン警備員がエロガッパに注意しますが言うことを聞きません。
「タコさん、レースを見ないで片付けをしてよ」
「するから俺にかまうなよ。クビにしていいよ」
と意に介していません。
(つづく)


セクハラと訴えられない新入りエロガッパ

5月に入社してしばらくは新人が入りませんでした。
夏頃から毎月少しづつ入社してきました。
ほとんど私より年上で年金受給世代の方々でした。


そんな中で元船長だったNMさんが異色の新人でした。
赤ら顔の丸顔で坊主頭で小太りでした。
2カ月たった頃に清掃の女性から「エロガッパ」とか「エロオヤジ」、「タコオヤジ」などと呼ばれていました。


面白がって、
「掃除の女性がエロタコオヤジって言ってたけど何をしたの?」
と本人に聞きました。
「掃除のポニーテールのオバサンの尻を触ってあげたんだ。あっはは」
と屈託がありませんでした。
(エロガッパの話が続く)