出入口どちらに立つや寒波の日

土日祝のパート駐車場警備員です。
食品スーパーでの小規模駐車場では入口と出口を分けている場合があります。


警備員は1人だけ配置されます。
隊長(リーダー)から入口側か出口側かどちらかに立つように指示があります。
入口側に立つほうがいいのか、出口側に立った方がいいのか、あるいはどっちでもいいのか考えました。


隊長により指示する場所が違います。
出庫はある程度ばらばらで何台も続くことは少ないです。
それだけに飛び出して歩行者や直進車と接触する危険性があります。警備員を配置して安全確認したほうがいい場合があります。


「どちらでもいい」という指示もありますと私は入口側に立ちます。
入庫は何台か続くことが多いです。信号の都合だと思います。
入口付近で入庫がありますと、次の車は入れませんから入場制限します。
警備員が「駐車中です。しばらくお待ち下さい」と広報して待っていただいた方がお客様に親切です。


入口専用や出口専用もお店側のルールです。逆走しても法的な処罰はありません。
だけど警備員はお店の代行者でもあります。お客様にお店のルールを守っていただくようお願いしています。


出入口どちらに立つや寒波の日


何げなく行儀の悪い客を見て警備士我ら行儀良くあれと

土日祝のパート駐車場警備員です。
「もしかして」と思ったことが思い通りになったときは「やったー」と心の中で喝采します。


それがありました。
それはコインランドリーに来たお客様が車から降りて洗濯物を両手一杯に持って車のドアを閉めるときです。
どうやるか。膝で締めるかお尻を使うか、もしかして足で蹴ったら面白いと見ていました。若い女性でした。30代と思いました、
右足でドアを蹴って締めました。内心で叫びました。「ヤッター」


コインランドリーに入ってすぐにまた洗濯物を車に取りに来ました。
また一杯持っています。また足でドアを閉めるかなと期待しました。
4,5メートル先にいる私の視線に気が付いたのか手でドアを閉めました。
多少がっかりしました。



何げなく行儀の悪い客を見て警備士我ら行儀良くあれと

駐輪場 突風で倒れた自転車を起すか無視かどうする警備員

土日祝のパート駐車場警備員です。
週末のたびに天気が悪いです。低気圧の影響で雲が多く、雨や雪が降っています。暴風にも警戒が必要です。


スーパーには駐車場と駐輪場があります。
突風や暴風のせいで駐輪場の自転車が倒れます。将棋倒しのように何台も倒れることもあります。
駐車場でもうっかりドアを開けますと突風で持っていかれて隣の車に傷をつけることもあります。


交通誘導をしている時に、駐輪場の自転車が倒れた場合にどうするか悩ましいです。
しかも駐輪場の枠外駐輪の自転車が倒れたらどうするか。
私は通行する車が少ないときや待機のときに自転車を立て直します。


自転車の整列は警備員の仕事ではないから、一切関知しないという人もいます。
それが正解かもしれません。
しかし力の弱いご婦人の自転車があるかもしれません。
倒れた自転車は起こして再び倒れないように風向きを考え壁にもたれ掛けます。
近頃は週末ごとに悪天候になります。私が警備員をするときに限って天気が悪くなるのは日頃の行いが悪いせいかもしれません。因果応報です(苦笑)。



駐輪場 突風で倒れた自転車を起すか無視かどうする警備員