(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

我がままであるがわからない准高齢者その我がままはづっと続くでせう

土日のパート駐車場警備員です。
老若男女の警備員がいますし雇用形態も活動拠点もさまざまです。
学生の警備員はおおむね言葉遣いがよくないです。悪気がないのがわかってきたせいか気にならなくなりました。


65歳以上の准高齢者には悪気はないようですがおおむね我がままです。
現場から8人乗りミニバンで会社に帰ったことがあります。
運転手が持ち場の離れた警備員を順次乗せていきました。
ADは最初に乗って奥の座席に座りました。
全員が乗り込んでからおもむろにADはタバコに火をつけてプワーと煙を吐きました。
私は「ADさん窓開けてよ」とお願いしました。


ADは途中で降りて徒歩で帰ることになっていたようです。
帰りの国道から脇道にそれて停車しました。奥に座ったADが降ります。ちょっとごたごたします。
始めから出口側に座って欲しいものです。そんな配慮もありません。



我がままであるがわからない准高齢者その我がままはづっと続くでせう

思い遣りが欲しい高齢警備員そう思う吾は無い物ねだり

土日のパート駐車場警備員です。
63歳の私より年上の方と仕事をすることが多いです。
会社も気を遣って同じような年代の人を集めて組合せているように思います。
そんな年配警備員の方と接して「残念」と思うことがあります。


3人が配置された現場でなかなか交代が来ないときがありました。
Aが2時間、Bが1時間30分そしてCが30分の連続勤務をしていました。
早く交代が来ないかと待ちわびていました。


そんな中に交代要員であるDが来ました。当然Aと交代すべきです。
Bであった私は目を疑いました。DはCと交代していました。

Cは自分より長く立哨している人が2人いるのを知っていました。
自分より長く立哨している人と替って下さいと言うべきです。
Dも何も考えていません。近くにいたCと交代しました。
Dは一番長く立哨している人は誰ですかと聞くべきです。
警備に限らずCもDも「残念な人」と思います。


思い遣りが欲しい高齢警備員 そう思う吾は無い物ねだりか

暴走の自転車横断 無事に渡れと吾は見守り

土日のパート駐車場警備員です。
久しぶりに国道の交差点で歩行者の安全誘導と会場案内をしました。
JR駅方面から来られてイベント会場に向かうと思われる歩行者が国道を横断します。
信号待ちの時に会場はどこかと聞かれることがあります。
ちょうどサッカーも別会場で開催中だったのでそれにも対応しました。


信号が変わって歩行者が横断歩道を歩き出すと接近してきた車を止めます。
歩行者が途切れますと車を通します。


歩行者もいなくなった時に車の通行を眺めていました。
背後からかなりの速度の自転車が横断歩道を渡り始めました。まさに飛び出したように見えました。
左折してきた車もあわててブレーキを踏んだようです。青年の乗った自転車は車をかわしあっという間に向こう側に駆け抜けました。


どうしようもありませんでしたが油断がいけなかったと反省です。
自転車の通行を想定し左右の歩道を多く見るようにしました。



暴走の自転車横断 無事に渡れと吾は見守り