気楽なり屋上駐車の警備士は

土日祝のパート駐車場警備員です。
ある食品スーパーの特売日が火曜と土曜です。その日に駐車場警備があります。駐車場は一階が130台程度で屋上は数えた人がいて70台あるそうです。


土曜日の特売日に3人の警備員が派遣されます。
リーダーの隊長は2人の隊員をみて1階か屋上かどちらかの配置を指定します。
屋上駐車場はスロープを登ってきた車と買い物が終って出る車が接触しないように警戒します。割と楽な配置です。警備員がいなくても運転者同志で注意する場所でもあります。


私が屋上警備と指示がありました。内心(ラッキー)と喜びました。
「いらっしゃいませ」と挨拶して見ているだけです。ご自分で空き枠に駐車していただきます。満車であれば構内通路を巡回して空きをお待ち下さい。

しかし隊長がいつもと違うことを言いました。
「屋上が満車になったら、スロープの入り口で通行止めにして下さい」
「え?」
「つまり満車状態で通行止めにして1台お帰りになったら、待ってる1台入庫させて下さい」
出入口が1カ所ですから出庫すればすぐにわかります。


私は1人ですから屋上駐車場がいつ満車になっているのかわかりません。
そろそろ満車かと思われる時に「満車です。しばらくお待ち下さい」と通行止めにしました。そして1台が出庫されると待っている車を1台を入庫するよう合図しました。


気楽と思った屋上警備がのっぴきならないことになりました。
適当に休憩できません。いつまで続くかこの状態です。特売は午前中あります。
満車状態は9時過ぎから12時前まで続きました。


気楽なり屋上駐車の警備士は挨拶のあと立って見てるだけ


とはいきませんでした。


屋上駐車場の1階側出入り口です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。