配達の大型トラックが道塞ぐ一人警備で一人片交

土曜日に一人警備をしたホームセンターNY店は東西に長いお店です。
店舗の長さは150m以上ありそうです。
中央から西側の店舗前は園芸コーナーとなっています。
四季の花々や植木や野菜苗などがずらりと並んでいます。
そこに大型トラックで鉢植えや野菜の苗などの配達があります。
だいたい午前中に数台来ます。
10分ほどの短い時間ですが片側一車線の道路がふさがります。
急きょ一人片交(片側交互通行)の案内を始めます。
それは指示されて行っているわけではありません。
自分の仕事ではないと傍観している警備員もいるかもしれません。
ここのところも休憩回数と同様に経験者に聞いてみたいところです。


戸惑いの万引き警報鳴り響く

Γピーピーピー」

耳慣れない音が後方でしました。

ホームセンターの店舗前で交通誘導をしている時でした。

振り返りますと一人のご婦人が立っていました。

音はご婦人から出ているようでした。

店内でも警報が鳴り赤色ランプが激しく点滅していました。

何が起こったのかと呆然としてました。

店内から女性従業員が小走りでやって来て、

Γお客様申し訳ありません。タグを外し忘れていました」

と言い手荷物を受け取りました。

素早く防犯タグを外したようで平謝りしていました。

万引きを防止するために商品に取り付けられたタグがあったようです。


ご婦人は何も言わずに私の横を通りすぎました。手荷物は掃除機でした。

このご婦人が一番驚いたようです。

もし本当の万引きであったなら私は犯人を見逃しています。

何が起こるか常に想定しておくべきと思いました。

1人警備は休憩の時機が悩ましく

土日のパート駐車場警備員です。
昨日の日曜日は会社から連絡がなかったので休みでした。
土曜日に仕事があるときは金曜日に、日曜の仕事は土曜日に電話が入ります。


土曜日はホームセンターの駐車場で1人警備でした。
ここでの1人警備は4カ月ぶりで2回目です。
前回と比べ店舗前道路を通行する車が増えました。
東西に長い駐車場の東側にコーヒーチェーン店が先月中旬に開店していました。
西側から来店する車はホームセンターの駐車場を通行する方が早くて便利です。


複数人による警備ですとローテーションを守ります。
休憩は決まった時間にきちんと取ることになります。
基本は1時間立哨で30分休憩です。
私だけかもしれませんが1人ですとそこがあいまいになります。
車の通行が多いと離れずらいです。気がついたら2時間以上休みなしに安全誘導を続けています。
休憩といっても車に着いてお茶を飲んで10分もしないで出ます。
人によって時間がばらばらでは警備の整合性が取れません。
1人警備の現場はまだありますので経験者に休憩の時間や回数など聞いてみたいものです。