春立つや早く渡れといふ警備員

土日のパート駐車場警備員です。
主にショッピングセンターや食品スーパーなどの駐車場で交通誘導をしています。
駐車場の出入り口は何カ所もありますが、特に出入りの多いところがあります。
そのような場所では歩行者も通行車両も多いため警備員が配置されます。


歩行者優先で車に待っていただくことになります。
時には歩行者の列がなかなか切れないことがあります。車の行列が長くなってきます。
交通誘導の警備員としては運転者に申し訳ないと焦ります。
『早く通してあげたい』と思います。真面目な人は特にそうです。悪気はありません。
そこで警備員は歩行者に「早く、早く。急いで渡って下さい」と広報しました。
言われた歩行者はたった今、横断歩道に来たばかりです。なぜ急かされるのかわかりません。
足が悪いのを我慢して小走りで横断歩道を渡りました。
そのお客様は釈然としないままサービスセンターにご自分の気持ちをお話しされました。


お店から警備会社に連絡が入ったそうです。
その真面目な警備員は出入り禁止いわゆる出禁となりました。駐車場警備員の言動はすぐにお店に伝わります。
自分が出禁になるのは致し方ないとしても警備会社を替えられたら多くの皆さんに迷惑を掛けることになります。

立春や国道片交警備員

今日は立春。
俳句では今日から立夏(5月5日)までが春となります。
ご周知の通り俳句の中に春の季語を入れなければなりません。


先月は本業で出張が続きました。九州南部の国道や県道を通行しました。
特に宮崎県の山間部を通る国道では、がけ崩れ抑制工事が多く片側交互通行が何カ所もありました。
小雪が舞うこともありました。
真冬は交通誘導の警備員のみなさんにとても辛い季節です。
「進め」の合図の仕方も人によりまちまちでしたが分かりました。


マスクやネックウオーマが見えて防寒対策は万全のようです。
警備員の制服は公安委員会に届を提出し許可されたものだけを着ることになっています。それ以外を着てしまった場合は警備業法違反です。
ネックウオーマや耳当ての許可を受けている警備会社は何社あるでしょうか。
たぶんゼロと思います。
固いことを言っていますと自分に降りかかってきますので野暮はいいません。

オッサンのくしゃみはデカイ

オッサンは音を立てます。

脳機能の低下で鈍感になっているからと言われています。

他人が大きなくしゃみをしても気になりませんし、自分もでかいくしゃみをします。

これはオッサン特有の現象らしい。


私も交通誘導中に、

Γいらっしゃいませ、はあ、はあ、ハクション」

となることがあります。

とうとうオッサン度数が危険領域に達したかと心配になります。

でもこれは、今からの季節は花粉により大きなくしゃみが出ます。