秋風や停止の願い突破さる

土日のパート駐車場警備員です。
駐車場内での交通誘導をすることが多いです。
そこで困ることがあります。
歩行者が横断歩道に来られたので車に止まっていただくよう合図します。
その時に止まるどころかそのまま加速して行き過ぎる車があります。
それは警備員の停止のお願いを無視して突破されただけで困ることではありません。


本当に困るのは「行って下さい」とお願いしても歩行者が見えると止まる車です。
どういうケースかと言えば歩行者がずっと続いている場合です。
警備員には行列が見えています。
待っている車1,2台なら先に通っていただいた方が安全です。
最初の横断者に手で制して止まっていただきその間に車に通っていただきます。
「すみません。先に車を通しますのでしばらくお待ち下さい」と広報します。
車に向かって「先にお通り下さい」と声を掛けて動作で行くように示します。
ですが歩行者がいるという事で車が停まります。
仕方ないので歩行者に通っていただきます。
するとどうなるか。
延々と歩行者がお通りになりしばらくお待ちいただくことになります。



秋風や停止の願い突破さる


遠隔の現場を拒否する同僚は誰かしらと顔を思ひつ

土日のパート駐車場警備員です。
たまに社員の方が現場に様子を見に来られることがあります。
気さくな人の場合は普段気になっていることを聞きます。


「現場ごとの配置はどうやって決めているのですか?」
20キロ以上離れた現場を指示されることがあります。
交通費が出ませんのでなるべく近場を希望しています。
「ある程度は経験などを考慮して決めています」
「通勤距離はあまり考慮されていませんね?」
「要望があれば希望通りにしています。ある人などはっきりしています。遠い所へは絶対に行かないと言い張ります」
「なるほど見上げた根性ですね。私にはありません。それ誰です?」
「個人情報は公開できません」



遠隔の現場を拒否する同僚は誰かしらと顔を思ひつ

秋の日や警備員は無線聞く

耳に異常を感じました。
一言でいえばよく聞こえないのです。もしかして老化現象かもしれません。
左耳に無線機のイヤホンを取り付けています。
右耳で周囲の音を聞いています。それが聞こえにくく感じるようになりました。


花粉アレルギーでお世話になっている近所の耳鼻科に行きました。
「どうしました?」
「右耳の聞こえが悪くなりました。時々異音も聞こえます」
「いつからですか?」
「1週間くらい前からです」
「ちょっと耳を見てみますね」
なんと耳垢がごっそり取れました。それからスッキリしました。



秋の日や警備員は無線聞く