(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

梅雨空やショッピングモールの警備員(3)

土日のパート駐車場警備員です。
雨の上がった日曜日にショッピングモールAY店の駐車場警備をしました。
3人で北側駐車場勤務でした。


店舗前の横断歩道で歩行者安全誘導をしていました。
他社の施設警備員が2人で土のう袋を台車で運んでいました。
黙って通過していましたので、
「どうしましたか。どちらまで運びますか」
と若い方に聞きました。
「下水管が破れて歩道にあふれています」
「どこですか?」
「あっち」
と言って台車を押して行きました。
隊長から無線で説明もありません。
しばらくたってから作業員らしき人が近づいて、
「漏水はどこですか?」
と聞かれました。
「歩道の漏水ならこの先の出口を出て左だろうと思います」
と教えました。ほとんど勘です。見ていません。
またするとパトカーが近寄ってきました。
助手席の窓が開いて、
「漏水はどこですか?」
と先ほどの作業員と同じことを聞かれました。同じように答えました。
無線で隊長に知らせようかと思いましたが現場に行ってみました。
パトカーが駐車していて警官2人と先ほどの警備員2人と作業員が漏水現場にいました。
よくみると隊長も来ていました。
連絡くらいしていただきたいものです。
警備に慣れていないのかセンスがないのかどちらかです。