(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

駐車場満車で罵声秋の雨

昨日は終日雨で肌寒い日曜日でした。
天気の悪い日はショッピングモールの来客が増えます。午後から場内駐車場が満車になり夕方まで続きました。
駐車場入口では満車ですから入場規制と臨時駐車場の案内をします。
大半は無視され続々と入場されます。当然なことに場内は渋滞します。
空き枠を探す車が長時間滞留され運転者はイライラすることになります。


交差点で安全誘導をしている時に、左折車を先に通るように案内していました。
右折待ちでしびれを切らした車が突っ込んできました。私のすぐ横を急速度で抜けていきました。
私は左折車だけを見て誘導していましたが、かなり驚きました。
鼻先をかすめられた運転手が窓を開けて「ちゃんと見らんか」と怒鳴りました。
あぜんとしました。そして人としてその態度はいかがなものかと思いました。家族は恥ずかしいと思います。
私はその罵声車を見て早く行けと合図していました。
ぐずぐずして少し間が開きました。その隙に右折車が飛び出したものです。
私が文句を言われる筋合いはなく、逃げた無謀運転車を追いかけて自分で注意をしていただきたいものです。
渋滞でイライラするのはわかります。
自業自得ですがそれが嫌なら入口の満車看板を見たら素直に臨時駐車場に移動していただきたいものです。



駐車場満車で罵声秋の雨