(元)敬老警備員の詩

警備員俳句や警備員短歌をタイトルにした警備に関する雑詠です。

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

駐車場満車対応で考える警備員(3)

競艇場の駐車場では入口に近い駐車場から埋まっていきます。
50台程度の比較的小さな駐車場が一番人気です。
そこの駐車場の出入口で新人のYDさんに聞きました。
「あと1台分しか空き枠がない時に続々と3台入ってきた時はどうしますか?」
真剣な顔つきになり考え始めました。


考えがまとまったのかようやく口を開きました。
「止める場所が無いので出て行ってもらいます」
「満車ならなぜ入れたのか、と開き直ってきたらどうしますか?」
不安げに私を見ながら、
「そう、そう言われるのが嫌だな」
と気弱そうでした。


入社して三カ月たったころでした。真夏の頃です。
場内勤務ではマークカードや鉛筆の補充や清掃を熱心にしませんでした。
ボートレースファンのために釣り銭や舟券の取り忘れがないか見ていました。
A競艇場の警備員の中で断トツに発見していました。
そのせいか多くのボートファンから挨拶を受けていました。


先輩諸氏はそれが気に入らなかったようです。
舟券や釣り銭の取り忘れはファンの自己責任と言い張っています。
それよりも記載台の片付けの方が大事といいます。
場外勤務やスーパー駐車場の勤務が増えていました。
気に入らない警備員はそのような扱いが増えていました。


1台しか空きがない状態で2台の車が入ってきました。
私は最後に入った車を追いかけて出るように運転者に言いました。
「止める場所がありませんから出て下さい。隣の駐車場に行って下さい」
「通路の広いとこがあるだろ。そこに止めるからいいだろ。いつもやってるんだ」
いわゆる枠外駐車です。
「そうですか。仕方ないですね」
と黙認しました。
先輩のHDさんに聞きますとそれでいいということで安心しました。
(つづく)